読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meはポケモンマスター

主にポケモンのWCSルールの考察記事をアップしていきます。

【VGC2017個別考察】No.9 アローラライチュウ

WCS2017 個別考察

f:id:RPGmaster:20161025205227j:plain

アローラライチュウの基本情報

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ライチュウ ? ? ? ? ? ?

?

タイプ:でんき/エスパー

体重:21.0kg(くさむすび」、「けたぐり」の威力40

特性サーフテール

場が「エレキフィールド」のとき、『すばやさ』が2倍になる。

 

アローラ地方で何故か姿を変えたライチュウ。「エレキフィールド」の時に自身の素早さを2倍にしつつ電気技の威力も1.5倍にする、『サーフテール』アタッカーとも言えるポケモン。今作から自動で「エレキフィールド」を展開するカプ・コケコが現れたため、『サーフテール』を生かすには彼とコンビを組むのが一番。エレキフィールドで火力と素早さを上昇させ、専用のZ技「ライトニングサーフライド」で敵を持っていくのが基本的な立ち回りとなると思われる。

持ち物候補は「ライチュウZ」、「きあいのタスキ」、「ふうせん」など

 

特性考察

 

サーフテール
カプ・コケコと組み合わせてなんぼ。エレキフィールドと合わせて素早さ2倍と電気技1.5倍を獲得することができる。

 

持ち物考察

 

ライチュウZ
専用のZ技である「ライトニングサーフライド」を使うことができる道具。エレキフィールドと合わせて凄まじい火力を発揮できそうだ。「ライトニングサーフライド」が物理か特殊かは不明。

 

きあいのタスキ
耐久が低いライチュウが一発は攻撃を耐えれるようにするための道具。

 

ふうせん
カプ・コケコと共通の弱点である地面技の一貫性をなくすことができる。

 

いのちのたま

通常のライチュウよりも火力が重視されるため、十分採用する価値がある。

 

技考察

 

10まんボルト
安定したタイプ一致技。

 

ボルトチェンジ
相手ポケモンにダメージを与えつつ交代することができる。

 

かみなり
エレキフィールド+あめ=超火力

 

サイコキネシス

通常のライチュウは覚えないが、もしアローラライチュウが覚えればもう一つのタイプ一致技となる。

 

めざめるパワー(氷)
ガブリアスボーマンダの四倍弱点を突けるが、威力は低い。

 

くさむすび
草四倍弱点のポケモンに通す。

 

ボルテッカー
反動で襷が潰れるのは痛いが、威力120の貴重な物理電気技。

 

ほっぺすりすり
「ちょうはつ」に邪魔されることなく相手に麻痺を入れることができる。

 

ねこだまし
相手の行動を止めることができるダブルバトルにおいては重要な技。

 

フェイント
相手の「まもる」を貫通して横のポケモンの攻撃を通したり、相手への止めとして使える。

 

アンコール
相手の「ねこだまし」や「まもる」を使った相手を置き物にすることができる。

 

型サンプル

 

Z型

ライチュウR@ライチュウZ
技:10まんボルト/サイコキネシス/アンコール/ねこだまし
実数値:?-?-?-?-?-? 努力値:H4 C252 S252 性格:おくびょう

 

エレキフィールドを展開した状態で「ライトニングサーフライド」を叩きこむ型。
「ライトニングサーフライド」で一体持っていった後はサポートや削りとして運用する。「エレキフィールド」状態でなくとも最速ガブリアスボーマンダを抜けるよう、素早さに性格補正をかけている。

 

相性がいいポケモン

 

カプ・コケコ

『エレキメイカー』によりアローラライチュウの『サーフテール』を発動させることができる。

 

※この記事は発売前の暫定考察記事です。実際とは違う可能性があります。