読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meはポケモンマスター

主にポケモンのWCSルールの考察記事をアップしていきます。

【VGC2017個別考察】No.213 ニンフィア

WCS2017 個別考察

f:id:RPGmaster:20161027202412p:plain

ニンフィアの基本情報

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ニンフィア 95 65 65 110 130 60

525

タイプ:フェアリー

体重:23.5kg(くさむすび」、「けたぐり」の威力40

特性メロメロボディ

直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を『メロメロ』状態にする。性別が同じ場合や、性別不明の場合は効果がない。

隠れ特性フェアリースキン

自分の『ノーマル』タイプの技が『フェアリー』タイプになり、さらに威力が1.3倍になる。

 

フェアリースキン』で強化された「ハイパーボイス」で戦うポケモン。Cに特化してこだわりメガネを持ったニンフィアハイパーボイスは並の耐久では耐えることができない高い火力を誇る。ただし「ハイパーボイス」は過去作教え技であるため、アローラダブルでニンフィアが使えるかどうかは全てハイパーボイスを覚えるかどうかにかかっている。

ニンフィアの持ち物候補として、『こだわりメガネ』、『いのちのたま』、『フェアリープレート』などが挙げられる。

 

特性考察

 

メロメロボディ

フェアリースキンが強力な上にこの特性自体が発動機会の少ない特性なので、採用されることはないだろう。

 

フェアリースキン
ニンフィアニンフィアであるための特性。「ハイパーボイス」をタイプ一致で威力117の強力な技にする。

 

技考察

 

ハイパーボイス
ニンフィアが覚える最強技。もし覚えなければアローラダブルからはさよならバイバイだ。

 

はかいこうせん
威力195のタイプ一致単体技。相性が悪くない限り大抵の相手は一撃で倒せるだろう。

 

ムーンフォース
ワイドガードハイパーボイスが防がれてしまう時に使える技。

 

りんしょう
味方のりんしょうに合わせて打つことで威力120の強力なフェアリー技となる。

 

サイコショック
相手の物防でダメージ計算をする特殊技。

 

シャドーボール
霊弱点のポケモンへ。

 

めざめるパワー
VGC2015では対ヒードランを重視してタイプが地面であることが多かったが、このルールではヒードランが居ないので、ハッサム対策に炎がいいと思われる。

 

でんこうせっか
一応フェアリースキンで火力補正はかかるが、火力は雀の涙。襷などでギリギリ耐

 

てだすけ
死に際に味方のポケモンの火力を上げることができる。

 

ねごと
催眠対策で。

 

型サンプル

 

こだわりメガネ型

ニンフィア@こだわりメガネ
技:ハイパーボイス/サイコショック/シャドーボール/めざめるパワー(炎) 特性:フェアリースキン
実数値:202-*-86-178-150-80 努力値:H252 B4 C252 性格:ひかえめ

 

ハイパーボイスでゴリゴリ相手を削っていく型。ハイパーボイスを多く通すことが勝利に繋がるので、ねこだましなどのサポートを受けながら撃つといい。このサンプルでは努力値極振りだが、ハッサムなどを抜くためにある程度素早さに振ることを推奨。

 

フェアリープレート型
ニンフィア@こだわりメガネ
技:ハイパーボイス/でんこうせっか/めざめるパワー(炎)/みきり 特性:フェアリースキン
実数値:202-76-86-178-150-80 努力値:H252 B4 C252 性格:ひかえめ

 

「みきり」を使えるようにすることである程度小回りが効くようにした型。「みきり」は「まもる」と比べて「ふういん」されるリスクが少ない。

 

相性がいいポケモン

 

アローラガラガラ
ニンフィアが苦手とするメタグロスハッサムなどの鋼タイプのポケモンに強い。『ひらいしん』によりメジャーな電気タイプの技を吸収することもできる。

 

アローラペルシアン
おそらくマニューラに次いで素早さが高いねこだまし要員。新たに獲得した悪タイプにより、メタグロスに対して強い圧力をかけれるようになった。

 

※この記事は発売前の暫定考察記事です。実際とは違う可能性があります。