読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meはポケモンマスター

主にポケモンのWCSルールの考察記事をアップしていきます。

【VGC2017個別考察】No.164 アローラガラガラ

f:id:RPGmaster:20161117221922j:plain

アローラガラガラの基本情報

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ガラガラR 60 80 110 50 80 45

425

タイプ:ゴースト/ほのお
体重:34.0kg(くさむすび」、「けたぐり」の威力60
特性1のろわれボディ
相手から攻撃技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。
特性2ひらいしん
『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。またダブルバトルトリプルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。
隠れ特性いしあたま
アフロブレイク』『ウッドハンマー』『じごくぐるま』『すてみタックル』『とっしん』『フレアドライブ』『ブレイブバード』『ボルテッカー』『もろはのずつき』『ワイルドボルト』の反動を受けない。

アローラ地方で姿を変えたガラガラ。炎/ゴーストという技の通りが良いタイプを持ち、専用道具である「ふといほね」を持つことで高い火力を存分に発揮することができる。特性の一つに『ひらいしん』があり、これにより電気が弱点の味方を守ったり、隣のポケモンで「ほうでん」を打つような立ち回りができる。

アローラガラガラの持ち物の候補は『ふといほね』など

特性考察

のろわれボディ
弱い特性ではないが、他に優秀な特性があるので採用される可能性は低いだろう。

ひらいしん
アローラガラガラで最も採用率が高いと思われる特性。
味方のポケモンを電気技から守ることができる。

いしあたま
通常フォルムのガラガラではあまり使い道のない特性だったが、アローラガラガラに関してはフレアドライブの反動を無くすことができる点で有用である。

持ち物考察

かたいほね
ガラガラの攻撃を倍にする単純かつ強力な道具。

技考察

フレアドライブ
タイプ一致の強力な炎技。反動が痛い。

シャドーボーン
貴重な物理ゴースト技。威力85命中100。

ホネブーメラン
相手のタスキを貫通することができ、炎技と霊技が通らないガオガエンなどに刺さる。

じしん
全体攻撃。

いわなだれ
相手全体にダメージを与えることができる。

アイアンヘッド
相手のフェアリータイプのポケモンの弱点を突くことができる。

型サンプル

通常型
ガラガラR@ふといほね
技:フレアドライブ/シャドーボーン/ホネブーメラン/みきり 特性:ひらいしん
実数値:167-145-130-*-101-65 努力値:H252 A252 D4 性格:いじっぱり

スタンダードな型のガラガラ。
ひらいしん』を生かすためにも大事に運用したいところ。

相性がいいポケモン

ミロカロス
ガラガラが受けたくない『いかく』を受けることができ、ミロカロスの弱点である電気技をガラガラが吸うことができる。

カプ・ブルル
ゴーストタイプの技を除くアローラガラガラの弱点をカプ・ブルルが半減以下で受けることができる。また、カプ・ブルルの攻撃が通らない鋼タイプなどにアローラガラガラの攻撃が通る。

 

※この記事は発売前の暫定考察記事です。実際とは違う可能性があります。